専門コースMaster courses

2020年より専門コースのカリキュラムを1部を見直し、新たな内容でリニューアル致しました。
仕事をしながらでも学べ、より効率的に製靴技術が学べる内容になりました。
週一回から無理なく学ぶ事が出来ます。

今年に入りコロナウィルスが猛威を古い多くの方が生活、仕事など大きな影響が出ている事と思います。

仕事の面ではこれまでの価値観を考え直す大きな機会となっているのか、今年後半から専門的に靴を学びたい方の入会が増えております。

数年前から大企業なども終身雇用は難しいと宣言している事や、何が起こるかわからない世界で、これからはより個人の力で自己責任でこの厳しい世の中を生き抜いて行かなくてはなりません。

靴作りはそれを生き抜いていけるツールになるかはわかりませんが、これをやり切れる方ならば、これからの自分らしい人生を作る「何か」を得ることは出来ると思います。


◆はじめにお伝えしたいこと。。。

靴を作り始めて15年になります。

サラリーマン時代、仕事中にたまたまネットで見つけた靴学校に興味を持ち、仕事を辞め、通い始めた事を始まりに、その後、木型、型紙、底付け、工房経営など各所で色々な人に学び経験を重ねました。

その後、目標だった自身の工房を持つ事ができるようになりました。

これまで身につけた技術や工房を運営してきて実践的に経験した事など、長い時間を要して身につけたこれまでの経験を纏めた効率的且つ、理想的なカリキュラムがここに出来上がりました。

ここで学ぶ皆さんには短期間で効率よく技術をお伝え出来ると思います。


◆どんな方を対象としているコース。。。

専門コースに興味を持ち見学に来られる方で、その技術を身につけどうなりたいですか?とお聞きするのですが、具体的なイメージをお持ちでない方が結構いらっしゃいます。

靴の仕事も色々で、会社に就職し企画、製造業、靴修理、自身で店を構えオーダー靴工房や靴教室運営など色々とありますが、自分の進みたい道によって教室、学校選び決まってきます。

どこで学ぶにしても既製靴(量産)の手法、オーダーメイド靴の手法とでは大きくコンセプトが違う所があり、それを理解した上で学ばなければいけません。

当工房は、主に人それぞれの足に合わせて作るオーダーメイド靴の手法をベースに指導していて、靴の技術だけでなく、個人で独立しビジネス的になり立たせていく為に、私がこれまで経験してきた事やノウハウをお伝えし、将来自分の店やブランドを持ち、独立したいと考えている方に向いている所だと思います。


「靴に関わる仕事したい」

「オーダー靴工房、靴教室を開きたい」

「自分の好きなデザインの靴を作りたい、家族や友達の靴を作れるようになりたい」

など目的を達成できるようになる為のスタートラインに立てる様サポートします。

当工房のカリキュラムでは、道具の仕立て、足採寸、木型製作、型紙、製甲、底付けは

セメント〜手縫底付けまで、靴作りの基礎を徹底的に学び製靴技術を上げていきます。

足に合わせた靴作りを学ぶことで実用的な靴作りが出来るようになる為のカリキュラムとなっております。

基礎コース(パンプス&オックスフォード)

カリキュラム

◆足について・・・足骨の種類と歩行を学ぶ。

         足の採寸方法を学ぶ。

         フットプリンターの使い方

         採寸図を基に自分の足に合わせた木型を作る。

◇基礎作業 ・・・①靴工具の説明

          工具の取り扱い方や使用前の仕立て方を学ぶ。

         ②革裁断

         ③革漉き 

          手漉き・機械漉き

         ④ミシン縫製

         ミシンの取り扱いや縫製方法。

◆革について・・・革の種類や部位の特徴を学ぶ。

         適材適所、部位の特徴に合わせた型入れ方法を学ぶ。

◇課外実習 ・・・革問屋や資材等の仕入れ方を学びます。

◆靴製作実習・・・下記のカリキュラムに沿って、各靴の型紙、製甲、底付けを学んでいきます。

1 パンプス・・・自身の足に合わせたパンプス用木型を製作し、基本のプレーンパンプスを学ぶ。

2 ローファー/スリッポン・・・ローファー用木型を製作し、セメント製法を学ぶ。

3 外羽根  ・・・紐靴用木型を製作し、ステッチダウン製法を学ぶ。

4 内羽根  ・・・ハンドソーンウェルテッド製法を学ぶ。

募集要項 年齢、経験不問

※確実に技術を伝える為、少人数制を採用しています。

期間 開始月より1年以内(期間内で終わらない場合は通常教室にて補講可能)

個別指導ですのでご希望の月から開始することができます。

時間 予約カレンダー開講日で予約して頂きます。

※ご予約の際の注意点

予約の変更は平日は2日前、土日、祝日は1週間前まで可能です。それ以降のキャンセルによる振替えは出来ません。
当日の時間変更はお電話にて確認下さい。

費用 【入会金】 12,000円 ※既に他コースでお支払いの方は不要

【技術取得費】 467,010円(一括払い)

【靴工具・テキスト】 約6,0000円

【靴材料費】 1足9,000~16,000円程度

【木型】 約10,000円

※価格は全て税抜き表示です。

応用コース(ブーツ)

カリキュラム ◇木型製作 ・・・フィットブーツ・ルーズブーツの木型補正法を学ぶ。

◆靴製作実習・・・下記のカリキュラムに沿って、各靴の型紙、製甲、底付けを学んでいきます。


1 フィットブーツ・・・自身の足に合わせたフィットブーツ用木型を製作し、ファスナーブーツを学ぶ。

2 ルーズブーツ・・・フィットブーツ木型をルーズブーツに調整し、ルーズブーツを製作。フィッテイングモデルのみ。

3 サイドゴアブーツ・・・フィッテイングモデルのみ。

4 チャッカーブーツ・・・パターンメイキングのみ。

募集要項 基礎コース修了者か靴作り経験者
期間 開始月より6ヶ月以内(期間内で終わらない場合は通常教室にて補講可能)
時間 基礎コースと同じ
費用 【入会金】 12,000円 ※既に他コースでお支払いの方は不要

【技術取得費】 291,340円(一括振込)クレジット払可

【テキスト代】 1,000円

【靴材料費】 1足12,000~18,000円程度

【木型】 約10,000円

※価格は全て税抜き表示です。

備考

課題以外の靴型紙を学びたい場合は、別途型紙講習で受講ください。

カリキュラムは作業スピードにより期間より早く終わる事も可能ですが、終わらない事もあります。

自分で計画通り進めていく事も靴で仕事をしていく上で大切ですので、それも課題と考えてください。

技術の習得には個人差があります。確実に身につけるには、自宅での復習が必須になります。

フォローアップ制度

専門コース(基礎・応用)を全て修了された方は、靴教室に編入しさらに学んだり、貸し工房制度(固定制/月¥25,000 時間制/1H¥800 ※副材固定費¥500月)を利用し、自主製作することも出来ます。

申込み方法

まず見学の予約をして頂き、工房にお越し頂いてから入会の判断をして頂きます。
お問合せページへ

Q&A・規約

よくある質問 規約をご覧ください